読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳に助けられた話

日常 手帳

 寒いです。春になったことだしダウンのロングコートなんてきっともう着ないよ(ドヤ)!と片付けてしまっていたのだけれど、昨日からの寒さに耐え切れず復活させました。週末は引っ越しでまた北陸に行くのだけれど、帰ってくる頃にもう少し暖かくなっていると嬉しい。

 その引っ越しなのですが、土曜から二泊三日で宿を取っています。様々な事情からその日に決まったのですが、その後というか昨日、内職方面からお知らせが来て、金曜日にやってくる内職の分量が結構多いらしいことがわかりました。

 お仕事手帳をひも解いてみると、過去に今回と同じくらいの量の仕事が来た時は、金~日の三日間かけて終わらせていました。つまり普通にやっていては土曜日に出かけるのに間に合いません。なんてこった。

 そこでもう少し細かく見てみると、三日間のうち作業時間は17時間前後でした。金曜日の午後1時にスタートしたとして17時間後は土曜日の午前6時です。それだったらもしかしたら何とかなるかも。寝る時間はなさそうだけど。作業終わって納品まで行けたらうれしいな。(というわけで、明日は日記を書く時間がありません)

 正直言って内職方面からのお知らせが来たときは目の前が真っ暗になったけど、手帳にいろいろ細かくメモしてあったおかげで、作業時間の見通しが立って気持ちが少し楽になりました。