読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お互いにびっくりした話

 内職の日です。品物は宅配で届けられて、時間も大体決まっています。今日もいつもの時間にピンポーンと鳴ったので、大急ぎで玄関に向かって、定位置にある認め印を手に持って、鍵を開けて勢いよく扉を開け「ありがとうございますぅー」と言おうと思ったら、いつもの配達の人とは全然違うオバチャン二人組がびっくりした表情で立ってました。

 ええ、布教活動の人でしたね。

 一瞬ののち、挨拶か何か言おうとされてましたが話は聞かずに、開けた勢いのまま「あ、結構ですので。」と言うと、あちらさんも多分びっくりしたそのままで「あ、はい」と納得されたみたいだったのですぐに玄関を閉めてしまいましたが、ああびっくりした。