読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェルネイルをやめてからのこと

日常

 ジェルネイルをしなくなってから、爪が小さくなりました。

 実はネイルをしなくなって翌日くらいから突然爪の調子が悪くなって、皮膚科にかかってまして。爪の先の方の肉の部分が柔らかくなって爪が浮くような感じになり、爪の白い部分がピンクの部分を侵食していって、じわじわと爪がはがれていくのです。このように爪がはがれるのは爪甲剥離症というそうです。

 採血したりいわゆる爪の垢を顕微鏡で見たりいろいろと調べてもらったのですが特に健康に問題はなく、結局原因は分からずじまい。でも多分だけど、ネイルを止めたことによって爪の乾燥が激しくなったせいもあるのじゃないかな?ということでした。乾燥はよくないらしいです。

 確かにここ数年間ずっとジェルネイルで爪をカバーし続けてきたわけで、それを突然なくしたら爪もびっくりしますよね。

 あれからネイルをしないまま何か月か経ちましたが、ネイルをしていた時期の爪とその後を比べると、明らかに爪が切り替わっていてうっすら横線が入ってます。横線より先の方がふっくらしていて、逆に新しい根元の方は少しえぐれた感じだし縦線がきつくなってます。

 今さらとか金額がとか悩む部分もあるのだけど、何だかんだ言ってそのうちまたネイルを再開しそうです。

 今日は3462歩でした。