ドクター・ストレンジを観た

marvel.disney.co.jp

 やっと見に行けました。3Dではなくて字幕の2Dの方で見ました。

 実は、ベネディクト・カンバーバッチがアメコミのヒーローで魔法を使うとかどんな冗談か、などと思っていたのですが、見てみたらピッタリはまっていて確かに彼以外ありえないかもと思いました。

 超優秀だけど傲慢な医師つまりガチガチの理系である主人公が、どのような経緯で魔術を信じ、操れるようになるかっていうのが大きな見どころの一つだと思うのだけど、カンバーバッチ演じるストレンジ氏が、普通に考えたらありえないことを納得していく過程を見ながら、それを見ているこちらも自然と納得させられてしまうというか。さすがだ。

 あまり書くとネタバレになるのでこの辺にしますが、映画は最後の最後まで見るのがポイントです。最後の最後までです。

  今日は5690歩でした。