読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスと戯れる/悩まない

 今朝は雨だったのでまた夫のアッシーちゃんでした。最初に打診があった時に「今日は〇〇だから送るのは困る」と伝えたところ、「じゃあ自分で行くね」と言ってもらった……つもりでいたのですが、それはどうも勘違いだったみたいで出かける直前になって「じゃあお願い」と言われ頭の中にハテナが。まあ行きましたけど。

 そんなわけで自分の段取りが崩れ、仕方がないので変則日課で過ごしました。でも変則にしたおかげで雨の中ウォーキングに行けて、リスと戯れることができたのでよかったです。(よかったのか?)

 そして今日読んだ本。 

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

 

  いろんな悩みがあってそれに対する答えがあって、それを読むだけでも面白い(と言ってしまっては真面目に悩んでいる人に失礼な)のだけれど、答えに辿り着くまでの過程もまた興味深いです。

 自分も昔はいろいろ悩んでいたような気もするけれど、そういえばこの頃あまり悩んでいません。困ったことは起こるけれど、それが悩みにならないというか。困ったことが起これば対処法を考える。自分で対処できない事に対しては、諦める。投げる。取り敢えず置いておく。無駄に悩まないのが大事だと思っています。悩んでも仕方がないことってありますから。

 あと思うのは、悩んでいる時間がもったいないということです。悩んでいる暇があるならもっと他の楽しい事をしたい。年齢を考えてもそんなに先は長くないので。