読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々にチーム・バチスタ

日常

 今朝は6時くらいに一度目を覚ましてスマホを見ているうちに二度寝して、起きたのが10時くらいでした。久々にじっくり寝た気がする。ここのところ大体4~5時間くらいしか寝てないから、たまには二度寝もいいか。

 そして起きてすぐカメにえさをやったのですが、今朝は初めて指に噛みつかれました。時間が遅くなってお腹が空きすぎていたのかな。カメの口は歯がないので噛み切られたり血が出てけがをするということはないのですが、くちばしなので相当な圧力がかかって痛かったです。ちょっと腫れました。指の肉じゃなくて爪周りだったから噛みついたカメも硬くて痛かったのではないかと思うのですが、そういえばカメに痛覚はあるのかな?

 今日読んだ本。

 

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

 

  

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

 

 

 この本、久々に読みました。先日本の整理をしてかなり処分したのですが、シリーズのこれは残してあったのです。やっぱりこのデビュー作が一番好きだな。ドラマも映画も見ていなくてこの本の中での世界しか知らないんだけれど、やっぱり田口先生はすごいと今回読んで改めて思いました。存在感とか活躍としては白鳥氏は目立つけれど、田口先生がいるからこそ成り立っている世界。まあ主人公だから当たり前と言えば当たり前なんだけど。病院長と元看護師長両方に気に入られ一目置かれており、普段は行灯などと呼ばれ窓際っぽいんだけど実は裏で組織を操ることもできなくもない。けど本人にその気はなく立場的にはニュートラル。そして実生活についてはほとんど描写されなくて、本当にいるんだかいないんだか、本当は大学病院に住みついている妖精なのかも。

 映画とかドラマでは多分解釈とかが全然違うんだろうな。そもそも田口先生が若かったり女性だったりしたら舞台設定から変わってくるものね。医師としてある程度の年齢じゃないとありえない立ち位置だし。