読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老眼と眼鏡のこと

 今日は内職デーでした。書き仕事なので手と、あと特に目はよく使うので厳しいです。内職を始めて3年目になり、随分と慣れて仕事自体は楽になりましたが、老眼は厳しくなっています。もともと近眼ですが、近眼と老眼のコンボです。

 私の現在の眼鏡ラインナップはこんな感じ。

1.普段用 2.運転用 3.仕事用 4.サングラス

 普段用と運転用ともに、遠近両用というかレンズの下の方は近くが見やすい度数になっています。運転用の方が普段用よりも遠くがよく見えるように上側の度がきついです。普段用は家の中とかであまり度のきついレンズだと疲れるので、弱めにしています。

 普段用でも運転できなくはないけれど、雨の日とか夕方とかの薄暗い時に見えにくくなります。夜なんてもってのほか。だったら外出時は常に2の方でいいじゃないかと思うかもしれませんが、度が強いと遠近の境目のゆがみが大きくなるのかな、階段などで下を見ると視界が揺れるというか足元がふらつくのでちょっと怖い時もある。

 仕事用は手元で作業したり新聞や本を読んだりするときの近々両用です。手元と5~60cmくらい先までは見えますがそれより遠くはぼやけます。拭き掃除の時は手元がよく見えていいけれど、掃除機掛けなんかになると床がぼやけて見えません。

 サングラスは昔からのものなので老眼対策していなくて遠くしか見えません。昼間の運転の時は特にこれからの時期はもうサングラスじゃないと眩しくてやってられないんですが、近くが見えにくいのでナビ画面とかが見づらいです。

 そんな感じで、どの眼鏡も見え方がどこか中途半端で困っています。外出の時は、用事によっては下手したら眼鏡4本とも持ってく?みたいなことにもなりかねず、でもそんないくつも持って行かれないのでせいぜい1本余分に持つくらいですが。それから何故かどの眼鏡でも毎日見え方が違うんですよね。ピント合わせの能力が落ちててそれが体調にも左右されるってことなんでしょうか。天候とか周りの光の影響もあるのかな。よくわかりませんが、そんなわけで新しい眼鏡を作ったからハイ解決!ということにもならないだろうな。

 部屋の掃除をサボっても汚れがあまり見えないから気楽でいいのですが、ご飯の時に食べているものがよく見えないのは悲しい。悲しいこともあればいいこともあって、まあなんとかぼちぼち今あるものを使っていくしかないですね。