読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貢ぐのに疲れて

nonsugar38.hatenablog.com

 この日も書いてた牧場物語。4年前に始めて、この日記の通り昨年もやってて、先月からまた再開してましたが、今回3度目の正直でやっとエンディングを迎えることができました。いつもそこにたどりつく前に飽きてた。ただエンディングとは言っても一つの区切りというだけでゲームの中の生活は続いていくので、次は何しようかなーとりあえず農作物のレベル上げをして全てを★5にするかなーと思っていた3年目の夏の最後の日(?だったと思う)、彼が国に戻ると挨拶に来ました。

 それまで住民とはほとんど接触することなく、ひたすら畑・酪農・養鶏や釣りやモノ拾いに明け暮れていたため、そういえばこんなキャラもいたんだっけ?と調べてみると、彼(シュミット)は異国の王子様で実は隠れ婿候補だったらしい。正直ゲームで恋愛とか結婚とかどうでもいいわーと思っていたのだけれど、挨拶されて少々心が動きました。秋の間はいないし、いないと思うと逆に気になるってことないですか?

 そんなわけで、秋はプレゼントの材料になりそうなシュミットの好物を育て、シュミットが戻ってきた冬の1日目から貢ぎ物を渡し始めました。100回くらいプレゼントすると向こうから告白してくれるらしい。ただプレゼントは1日1回しか渡せないから告白されるまでには少なくとも100日が必要で、でも冬と春と夏でそれぞれ30日しかないから100日にならないうちに秋が来てしまう。秋が来ると彼は国に戻ってしまいます。そろそろ夏も半ば。貢ぐのにも疲れてきたし(居場所を探すのも結構大変)、セリフから推測するとプレゼントの効果はあったみたいだし、告白するなら今しかない。

 というわけで指輪を見せてみたところ、無事両想いになることができました。めでたしめでたし。