読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ専業主婦の2014年版ほぼ日手帳カズン使用法

手帳

 今日はアクセスがあるなあと思ったら手帳で検索されているようです。そういえば9月1日は、ほぼ日手帳の発売日ですよね。せっかくなので今年のほぼ日手帳(カズン)の使い方を書いてみます。長いです。

1.年間インデックス

 家計の月ごとのまとめを書いています。

 ・上のTODOリストにはその月に予定されている出費を書いておくと便利。税金とか保険料とか車の点検とかは毎年のことなので、前年あった支出を最初に書き写しておくと後でびっくりしなくて済みます。

 ・日付の欄には各種固定費、通帳からの引き落としやカード払いしている費目と金額を記入。光熱費とか新聞代とかローン・管理費とか、電話代、子供の下宿代・仕送りなどなどなど。

 ・下のフリースペースには月間の収支(収入ー固定費ー生活費ー大物費*1)と、ローンを含めた資産の合計(預金合計+証券口座残高ーローン残高)を書きます。毎月の増減を見られるので便利。というか、家計簿の中ではここが一番の肝です。

2.月間カレンダー

 ここは株式関係に使ってます。その日のNASDAQ日経平均株価TOPIX・ドル円と、持ち株の終値、売買記録など。

3.週間ダイアリー

 ここに家計簿をつけています。時間軸のとこに横線を引いて5段に仕切って使います。

 ・一番上がTODOで家計関連の予定を書いたり、今は働いた時間をつけてます。デイリーのとこに書いてあるだけだと分散してしまうので、まとめた方が何かと便利。でももう他にスペースがないのでここに。

 ・2段目は食費。

 ・3段目は暮らし関連。生活雑貨とかガソリンとか。

 ・4段目は遊興費。このスペースはとりあえず作ったけどちょっと見直しが必要。下の大物に含まれていること多し。

 ・5段目はメモ。

 ・一番下の余ったスペースに大きな出費。生活費と混ぜられないもの。車の点検代とか保険料とか、今年だったらエアコン購入費とか。

 食費・生活雑貨についてはアバウトです。お店の名前とレシートの合計金額を書き写すだけ。スーパーだったら雑貨が入ってても食費にしちゃうし、ドラッグストアは食材が混じってても雑貨にしちゃいます。面倒だしどうせ生活費でまとめちゃうので。

 で、毎週日曜日に集計を出して週にいくら使ってるか確認します。週で使える金額を一応決めているので、オーバーしたら次の週は減らすように頑張るとか。で、月の合計は年間インデックスに生活費・大物費として転記します。

 あと大物の領収書とかはこのページに貼っておきます。

 家計簿はパソコンでもつけているけど、やっぱり紙で見たほうが実感が湧くし楽しいので手帳に書いています。しかしそのせいで絶対に持ち歩けません。これを落としたらいろんな意味で死ねる。

4.1日ページ

 好きなように書き、好きなように貼る。TODOとか何時に何をやったかとか食べたものとか体重とか見た映画とかドラマとか読んだ本とか仕事の失敗とかなんでも書く。夫の予定も書いておかないと後で聞かれるので書いてます。ちょっと太って思ったけど、体重は毎日測定して書いておくべきですね。日々意識することが大事かも。

 

*1:週間ダイアリー参照