読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の誕生祝い

 今日は実家の母の誕生祝い(70歳)ということでお食事会と買い物。娘は戻ってしまったし夫は仕事だし高校生は模試の前なので私だけ。あとは妹家族と両親。久々に新幹線に乗って名古屋駅まで行ってきました。

 タカシマヤのレストランは混むからオープンの11時に間に合うようにと、10時04分のこだまに乗るために用事を済ませてから駅に向かったのだけど、新幹線の券売機にありえないくらい人が並んでいてびっくり。いつも閑散としているのに、さすが夏休み。なんとかギリギリ間に合ってこだまに乗ったら、空いていて座れました。豊橋からはさすがに混んだけど。

 新幹線のお供。Reader にて。 

恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 (角川文庫)

恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 (角川文庫)

 

  角田さんは以前サラメシに出演された時に見て以来ちょっと気になっている人。サラメシではお弁当だったけど、この本の最初の方では外にランチを食べに行く様子が書かれてます。

 名古屋駅に着いたら、ホームはそうでもなかったけど駅全体がすごい人でごった返してました。待ち合わせ場所からエレベーターでレストラン街に直行したのだけど、11時前でも結構混んでて既に並んで待っている人がいたりして、いやあ、あの時間に行けてよかったです。和食をいただいたのだけど、12時頃にお店から出たらさらに人が増えてとんでもないことになってました。

 それからは母が旅行に着ていく服を選ぼうということで、いろんなお店を回りました。のですがなかなか決められなくて、選んで見せてもぐにょぐにょ文句を言い出すし、その様子を見ていて、ああ自分はこの人の子供なんだなあと思ったりしました。なんとなく気恥ずかしい時にそうやってぐにょぐにょ文句を言いたくなってしまう。こんなところ似なくてもいいのに、と思いながら場所を変えてあちこち覗いていたらちょっと気になったものがあったらしく、いまだっ!と周りがなんとかノセて試着させ、着てみてよかったようなのでそれに決めました。ぐにょぐにょ言わせてるだけじゃ決まらないので、ちょっと強引でしたが気に入ったようなのでよかった。

 そんな感じで今日を過ごしたのですが、それよりも一番気になったのは、自分が太ったということです。家でもワンピースで楽ちんな格好をしているのであまり気付いてなかったけど、というか気付かないふりをしていたけど、私のお腹に肉の浮き輪がついているのです。ワンピースはまだいいけど、タイトスカートがはけなくなるかもしれなくてそれは非常に困る。とりあえず毎朝体重を測って、食事の量を減らします。朝を抜くのが一番楽ではあるけど、どうしようかちょっと考えます。あとはやっぱり、歩くことかな。朝の体操だけじゃなく。