読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミディアム 霊能者アリソン・デュボアを観ています

 何も書いてないのに相変わらずアクセスがあるのですが、解析ページ(簡単なの)を見ているとどうも「ユニクロ/リネンシャツ」で検索されているみたいで、Yahoo!とかGoogleから飛んでくる方がいらっしゃるようです。全然大したこと書いてなくてすみません。

 最近観ているドラマはこちらです。

ミディアム-MEDIUM-

ミディアム 霊能者アリソン・デュボア - Wikipedia

 霊能力者アリソン・デュボアがその能力を活かして事件解決のために警察の捜査に協力する、という話で彼女は実在の人物だそうです。

 今シーズン2の途中まで観ていますが、実際のところ霊能力云々はともかくとして、話として面白いです。一話完結で、毎回オープニングでアリソンの夢として一つの謎が提示されるところから始まります。

 見どころはアリソンと夫、娘たちとの関係かな。夫婦や家族のあれこれが丁寧に描かれています。アリソンは検察局でパートとして働いているのだけど、パートといってもその能力を使っての仕事だから誰かと分担出来るわけもなく、結構仕事が時間的にハードだったりします。すると子供の世話とか学校の送迎とかで夫の負担が増えがちになり、夫婦間でイザコザが起こったりします。

 娘は3人いるのですが上の2人もよくイザコザを起こしてます。妹に振り回されても我慢しなきゃいけない姉の悲しさとか、ちょっと変わり者の妹の様子だとか。そして成長していく中で、親譲りの能力がちらほらと見えてきてたりして、そのことについても親として夫婦で悩んだり。

  でも何だかんだあっても二人でよく話し合って、思いやりを持って支えあってる姿がいいんですよ。夫のジョーがいい人で結構好きなんですけど、理系なので理詰めで行く人なんですが、妻がそんな風にぶっ飛んだ存在で、なのにうまくやってるのがすごい。どうやって知り合ったのかとか結婚に至った理由とかは今のところ出てきてないけど今後出てくるのかな?わかりませんが、その辺も見てみたいですが。

 とにかく等身大というか普通な感じなんですよね。夢を見たり心を読んだり幽霊を見たりでその辺りで霊能者っぽくはあるのだけど、その能力以外はごく普通の兼業主婦で、違和感がないというかすんなり話が入ってくるというか。

 あとあの家の中のごちゃつき感。整った部屋よりもセットを作るのが難しいんじゃないかと思うんですが、上手に作ってるなとか思いながら見てます。