車が大変 / PERSON of INTERESTが面白い

 今日は久しぶりに車で遠出してきました。遠出と行ってもまあ10数km先のスーパーなどに行ったくらいなのですが、いつもは半径5km圏内をうろちょろしているだけなので。農協のファーマーズマーケットにも行ったのですが、ツバメが巣作りを始めようとしているところだったりして、春なんだなーとしみじみしました。

 ところでうちの駐車場は(良く言えば)自然豊かな場所にあるため、車を出すのにまず掃除が必要になります。冬の終わり頃はシイとかカシとかの古い葉っぱが降り積もっているので箒で掃く作業。その後の桜が終わる頃には桜の花びらとかガクとかが降り積もるのでこちらも箒で掃いていました。今はシイとかカシとかの細長い花とか花粉とかが降り積もっているのでまず箒で掃いて、それだけでは車が花粉で黄色くなったのが落ちないので(プラス鳥の糞も落ちてたりするので)雑巾で水拭きも。何だかんだで15分くらいかかったかな。まだ車がちっちゃいからいいけど、なかなか大変です。虫も飛んでくるし。

 あまりにも汚くなっているので、少し拭いただけでも「ものすごくきれいになった!」と非常に達成感があります。ただその状態は一日と持ちません。花粉の季節が終わるまではこんな感じで仕方ないんですがちょっと悲しいです。

 

 ところでPERSON of INTERESTのシーズン1を観終わってしまいましたが、すごく面白かった。

 とにかく「スーツの男」っていうのがいいですよね。フィンチはスーツへのこだわりがいろいろあるみたいでウォール・ストリートでのスーツはちょっと違うんだとか。あとスーツに抱っこ紐の姿には吹きました。ふたりともすごく真面目だったので余計に。

 前回も書いたけどフィンチとリースの絆が強まっていく様子が微笑ましいです。でも誕生日プレゼントで鍵っていうのは一体なんなのかとは、ちょっと思いましたね。男同士でそれはアリなのかっていう。

 刑事のファスコやカーターとの絡みがいい。ゾーイかっこいい。イライアスも悪役だけど憎みきれない。脇のキャラクターがみんな魅力的。

 あとは英語がわりと聞き取りやすいしわかりやすいと思いました。フィンチの言葉が丁寧なのと、二人の対話がマイクを通してすすむことが多いせいかも。

 そんなわけで、また最初からじっくり観ます。