雨/小さいおうち

 今朝は雨だったので堂々とウォーキングは休み。そうなるとなんとなくだらけた感じになり、雨だし、買い物には出かけず家にあるものでご飯を作ることに。

 こんな事もあろうかと先日お肉屋さんで買っておいたスネ肉を解凍し、よく煮込んで、野菜も一緒に煮込んでからハインツのデミグラス缶(買い置き)を使って、今日はビーフシチューです。本当はパンがいいんだけど、無いのでお米を炊きます。こういう時にホームベーカリーを処分しなければよかったなと思う。でも置くとこないからまあいいや。そしてキャベツの千切りと海藻サラダ(買い置きの乾物)を戻したものを和えて、その上にいただき物のカニ缶でものっけようかな。これなら多分手抜きとはわからないでしょう。

 

小さいおうち (文春文庫)

小さいおうち (文春文庫)

 

  昨日の新幹線で少し、家に帰ってから最後まで読みました。これは映画の封切り前くらいにReaderStoreで購入してからずっと読んでなくて放置してあったもの。

 何も事件は起きないし何も解決しないんだけど、余韻が残る話でした。最初からずっとタキさんの語りが続くんだけど、最終章でがらっと視点が変わって、読みながらちょっと目眩がする感覚があって、あ、でも同じ話なんだ、とわかる。

 映画は観なかったんだけど、どうだったんだろう。映画化するのすごく難しそうだなと思いましたが。