今日もごちそうさん関連

 今日もごちそうさんを見ていたら、焼夷弾が降ってきても皆で水をかけて消すだとか、爆弾は思うほど当たらないらしいと聞いたとか、やっぱり当時はひどい世の中だったんだなと思いました。正しい情報が与えられず、これでは死ねって言われてるのと一緒ですね。

 昨日は娘からもらった日本史の教科書を少し読んでみたのですが、関東軍っていうのが満州で線路を爆発させておいて、それを中国軍の仕業として軍事行動を起こしたのが満洲事変の始まりだとか。内閣は反対したけど抑えられず結局総辞職したとか、なんかそれってめちゃくちゃですよね。テロとかクーデターとかそんな感じでしょうか。

 そんな感じで、選挙で選ばれた人たちより上に軍人さんがいて好き放題やってたと。そのうち軍人さんが総理大臣になったりとか。まあ選挙といっても女性には参政権が無かったんですけども。ただ軍人さんが好き放題できたのには理由があると思うのでその辺もまた調べたい。力があってお金があったからかなあ。

 関東軍の関東が日本の関東地方じゃないっていうことを知らないくらいに日本史を知らないので(高校では世界史でしたが世界史も分かってない)、自分がまずいと思いましたが、今は昔に比べてわりと簡単に調べ物ができるので助かりますね。