読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の修羅場をまだ彼は知らない/「大脱出」を観た

日常

 今朝高校生男子は家を出るのが遅くなり、それがちょうど「ごちそうさん」が始まる時間でもあり、ちらちら見ながら準備をしていたのですが、急がなくてはいけないのに動きを止めて一言。「なんかこの朝ドラいつ見ても修羅場だね」

 「だいたいストーリーは一週間で収束するから土曜日には落ち着くんだけど、土曜日は寝てて見てないからそう思うんじゃない?それでちょうどいつも目にしてるのが週の半ば辺りなんだよ」と言ったら「あ、そうか、だいたい木曜あたりが『転』なんだ」とか納得していました。そして彼にとっての修羅場シーンの第一位は納豆を無理矢理食べさせられそうになってたところらしく「この人(め以子)酷いわー」とよく言ってます。まだまだ子どもやな。

 今日のごちそうさんで亜貴子の過去が語られて、光男さんの謎が解けました。壮絶な話。横溝正史の世界にも通じるか?今朝の悠太郎を追い出すところなんかまだ全然修羅場じゃなかった。今週初めの悠太郎のニヘラ顔の頃はムカついて見るのやめようかなとか思ったけど、また目が離せなくなってしまいました。明日はどうなるんでしょう。

 あと、今日は映画を観てきました。

映画『大脱出』公式サイト

 単純にマッチョなアクションだけじゃなくて頭脳派なところもミックスされてて面白かったです。所長のホブスはあれは趣味と実益を兼ねた仕事って感じなんでしょうか。蝶の標本を愛でるように囚人を収集して観察し、いたぶり、自分の思うままにしてました。こわかった。あとはイスラム教徒の囚人が実は結構いい人で。信仰を持つ人は強いんだな。