大河ドラマをみた

 昨夜は8時から黒田官兵衛を見ました。

 大河ドラマをまともに見るのは大人になってから初めてかもしれない。というか子供の頃も見てなかったな。そもそも小学生くらいまで8時になると布団に入らなければならなかったので見る機会がなかったし、中学生高校生になって夜起きていても良くなったけど歴史とか全然興味なかったので見なかった。それ以降も見ようと思うきっかけがなくて見なかった。理由としてやっぱり歴史が苦手だったのが大きかったかも。

 年齢とともに歴史に対する苦手意識がだんだん薄れてきたところに、今回は主役が岡田准一さんだし、ちょうど高校生が塾に行ってる間ご飯を待っている時間だし、ちょっと見てみるかーとなりました。

 そう、どうも私は岡田さんがけっこう気に入っているらしいのです。映画もちょこちょこ観たものなあ。SPとか天地明察とか。永遠の0は絶対ボロ泣きしそうだから観に行けないけど。彼はイケメンさんなんだけど、ちょっと小柄ですよね。だから役柄をこなすにあたりいろいろと難しいところもあったりするのかなーとか勝手に想像したりしています。というのもうちの高校生男子も小柄な方なので(もちろん顔は残念系なので全然違いますが)小柄男子がこののち働くようになったら……とかその辺りちょっと重ねてみたりしてね。

 で、昨日は第一話で子供の頃の話なので岡田さんはほとんど出なかったですが、子役の子が可愛いのなんの。特にあのくりくりっとした瞳。まあそれはいいんですけど、やっぱり一番ぐっと来たのは母が息子を叱るシーンでしょうか。自分は今まであんな風に適切に的確に、大切なことを子供に伝えることが出来ていただろうか。いつもなーなーで適当にやってきてしまったんじゃないか。いろいろと振り返ってしまいました。うちの場合は子供達がしっかりしてたから特に大変なことも起こらず今まで何とかなってきたけれども。

 来週は観られるかな。というか日曜夜の8時ってじっくりテレビを見るのが難しい時間帯ではあるので、録画はしておこうと思います。