読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年を振り返る(服装編)

日常

 だんだん面倒くさくなってきました。振り返る記事はやはり勢いに乗って一気に書き上げないと。同じネタで3日も4日も持たせようとするのが間違いでした。

 着るものについてのこと。何を着ればいいか迷う時期が今までにも何度か訪れた事があるけれど、今年もやっぱり悩んでいました。一番の原因はやはり老化現象が厳しくなってきたことでしょうか。何気なく覗きこんだ鏡の中の自分の顔の、鼻と上唇の間の皮膚に深い縦皺が刻まれているのを見つけた時の衝撃。慌ててしわ対策を検索して顔面ストレッチ的な事を始め、歯ブラシをくわえたままパソコンを見るのは絶対にやめようと心に誓いました。あとあれかな、おとなになってからの矯正で八重歯を引っ込めたのもなんか関係あるんだかないんだか。でまあ、そうなってきて、今まで着ていたようなTシャツにパーカーにジーンズ、みたいな楽ちんなカジュアルスタイルが絶望的に似合わなくなった。

 あとはやっぱり出歩くことが多かったのでいろいろ気を使いました。新幹線に乗る時って、自分の中ではよそ行きを着るイメージなのです。仕事じゃないからスーツでもないし。

 以下、今年購入して読んだファッション本の数々。(一応まだ50代ではない)

f:id:nonsugar38:20131231175919j:plain

 あとはファッション系のブログも探して読みまくりました。スタイリストさんとかカラーコーディネーターさんとか一般の方もいろいろ。皆さんそれぞれにコーディネートの技術を惜しげもなくブロクに載せてくださっていて、目からうろこが落ちるどころの話でないくらい。写真も載せてくださってるので更にわかりやすく参考になる。雑誌とかだと洋服や小物の単価が桁違いだしモデルさんとは絶望的に縮尺が違うから、全く参考にならないんですよね。 

 そうして得た結論的なものは、あるような、ないような。ただ洋服の整理が進みました。evernoteにまとめてあるのですが、トップスが18着、ボトムスが5着、ワンピースが7着、アウター5着、カバン5つ、靴6足、あとはアクセサリーでオールシーズン回せる感じになりました。以上が外着で、ルームウエアと下着はそれとは別に2~3セットを持って毎日洗濯して回して、シーズンが終わって傷んでいたら買い替え、余分に持たないことにしました。なので、箪笥の引き出し2段と90センチ幅のハンガーラック1つと小さめスーツケース1個(オフシーズンの畳める服を入れている)でなんとかなっています。

 外着を選ぶ時に気をつけたことは、スカートなどのボトムスとコートなどのアウターの購入単価を上げたことかな。そして丈などきちんとお直しして着る。「安いから」でなんとなくで選んで買うってことをやめました。あとは服はシンプルにしてアクセサリーとか小物でポイントを作るとか。

 まあ基本家に居る人なんで、これで充分かなと思ってます。まだちょっと多いかも。減らせる部分は減らして、きちんと手入れをして、必要なものは傷んだら買い換える方向です。「これだけ」って決めるとけっこう楽だなと思います。いろいろ考えるの面倒くさい。でも適当にしすぎて見すぼらしくはなりたくない。

  そんなワケで、2013年は「老いる」ことをいろんな方向から考えた年でした。眼鏡も遠近両用的なものにしたし。自分がオバチャンになった自覚は持ってたけど、そこを越えて更に先を見るようになったのは今年が初めてかもしれない。可愛いおばあちゃんになりたいとは思ってたけど、そこが地続きの自分の姿だとは今まであまり考えてなかった。そんな気がします。