最近読んだ本

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)

 別冊はあとがきにもあった通りかなり甘々で、さすがにちょっと〜な部分もありましたがそれは読んでいるこちらがわの事情で、好きな方は好きだろうなと思います。というか「革命」の最後が時間的にかなり飛んでいて、そこを埋めるようなかたちになってます。
 ただ、甘々な話ばかりではなく、特に別冊2の方の柴崎の試練は、読んでいてかなり辛いです。あのハッピーなエンディングがなければ(単行本版あとがきによると最初はなかったらしい)ただの後味の悪い嫌な話で終わってしまっていたところで、第一稿を読んでダメ出ししたというご主人GJ!
 というか、甘々っていうのも表面をベタ甘にコーティングしてあるだけで中身はかなりハードですよね。