MIB3

 http://mib-3.com/

地球上の異星人を監視する極秘組織「MIB」のエージェントJ(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)が帰ってくる。但し、彼らが帰ってくる場所は、今現在ではなく過去の世界だ。Jは、MIBの15年間で最も説明不可能な事件に遭遇する。それは異星人に関することではない。他ならぬ、皮肉屋で無愛想なパートナーKの生命に係わることだ。Jは、これまでKが語ろうとしなかった“宇宙の神秘”を過去へ戻って解き明かそうとする。この神秘には地球の運命をも秘められているというのだ。Kの命、MIBの存続、人類の未来・・・すべてを賭けて、歪められた時間軸を正すために、Jはタイムトリップを試みる。(TOHOシネマズより)

 いろんなエピソードが最後に収束して、ああ、そういうことだったのか、と思って心がじんわりとする、いい話でした。
 でもよくわかってない部分もあって、JがタイムトリップすることによってKはちょっと変わったみたいだったし、そうなると戻ってきたつもりの現在は以前出発した時の現在とは別物ではないのか、どうなのか。
 タイムトラベル物は難しい。考えるな!感じろ!です。 
 グリフィンというキャラクターが魅力的でした。彼の言葉も何気に深くてよかったし。
 ただ、3Dで観たのだけど3Dじゃなくてもよかったかも。背景の奥行きはあるけど人物の映像が平坦というか紙っぽいというか、なんとなくもしかして仕上げが雑?っていうような印象を受けてしまいました。私の目がおかしいのかな?