読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2

イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2

イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2

日本赤軍が異郷に残した傷痕と法王庁を脅かす秘密、浅見光彦が挑む壮大な謎

ミモザの咲き乱れるトスカーナの美しいヴィラに滞在する美術愛好家の日本人たち。その長閑な村で日本人画家の死体が発見された。同行していた浅見光彦は、30年の歳月を超え、テロが吹き荒れたあの時代と対峙するが。

 たしか昔読んだはずだけどすっかり内容を忘れてしまったんで再び読みなおすシリーズ、第?弾。ちなみに前作の飛鳥編も読んだはずだけど忘れてます。
 それにしても旅はいいなあ。うらやましい。船旅は酔いそうだから飛行機でいいから、南フランスとかイタリアとか行きたいなあ。現実は先立つモノや時間などの関係上なかなか難しいけども。