バーにかかってきた電話

バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)

バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)

 映画の原作になったのは二作目のこの話の方です。
 映画では話をギュッと締めるためになくなってるエピソードがあって、設定もだいぶ変わっています。一作目を読んでも思ったけど、映画では重要な役の高田ですがこちらの小説ではそれほどでもないです。
 映画は話がわかりやすくなってキャラも立ってて面白いけど、小説は小説で探偵さんの過去とか気になる伏線っぽいものが小出しにされており続きが気になるところ。
 SonyのReader storeにてダウンロードしたんですが、今のところこれと一作目の2作品しか置いてないので残念です。続きが読みたいけど電子化はいつかな。