久々の朝ウォーキングです。4時半に目覚ましを鳴らして50分ごろには出発しました。いつものコースは靄がかかって幻想的な雰囲気でした。
 歩いたり走ったりしていると、見知った顔とすれ違います。なんかちょっと懐かしいというか、存在に励まされるというか。名前や住所や所属を知っているわけではなく喋ったこともないけれど、いつもの場所に行くと出会ってすれ違ってちょっと挨拶して、しばらく見てないと「そういえばあの人最近見ないなあ」と思ったり、久々に見かけると「おっ、久しぶり」と心の中でつぶやいてみたり。前にも書いたような気がしますが、このゆるーい感じの繋がりが気楽でいいのです。
 自分にとってはテキスト庵もこんな感じなのかな。