3時から党首討論を見ました。相変わらず情緒に訴えるばかりでその上ミスリードを誘いまくる鳩山(兄)氏。まあ麻生首相と同じ土俵に立ったら負けてしまうので、論点をずらしていくしか仕方がないのだろうけれど。それでも、麻生さんに社会保障は大事だけど財源をどうするつもりなのかと聞かれて「お金お金って、人の命よりお金ですか!」みたいに返したのには、さすがに目が点に。
 そんなこんなで今日も結局、今どこに無駄があって具体的に何を削っていくらの財源になるのか、というのは(兄)さんの話を聞いていてもさっぱり見えてきませんでした。具体的にちらっと出たところも首相の話によると防衛の情報に関する部分(?)らしかったし。その辺突っ込まれて最後しどろもどろになって尻切れトンボ。その他の部分は結構威勢がよかったのに。ていうか、無駄部分がハッキリと出せないのに、どうやって政権を取ってから無駄を省くつもりなんでしょう。選挙までもうあと3か月しかないというのに。ていうか(小沢氏によると)本当は去年の11月にあるはずだったんだから、もういくらなんでも計算は完ぺきでしょう。
 今回の話でひとつ分かったことは、民主党政権になったら日本郵政の西川社長は世論の声も聞いた上で辞めさせるつもりらしいということ。やはりあの、ニュースでは名前が出てこない野党国会議員が絡んだ「凛の会」のアレも関係しているんでしょうか。民主党としては西川社長でいてもらっては困ると。応援団を使って煽った世論を味方につけて、国家権力で一株式会社の社長を辞めさせますと。うわー恐っ。