読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京

 週末は家族で東京に行っていました。結構歩きました。そしてとても寒かった。一年前のこの時期は大阪に行ったのだけど、あの時はまたものすごく暑くて半袖でもいいくらいの陽気でした。春の旅は服装が難しい。
 行ったのは、お台場、表参道、皇居、浅草、新宿、東京タワー、秋葉原、六本木、赤坂、などなど。はとバスツアーの1日コースに参加したので、この他にも車窓から国会議事堂やら靖国神社やらは眺めることができ、主なポイントは回れたのではないかと思います。桜もあちこちで見ました。
 街にもいろいろあって、点の町(小さい)、線の街(街道沿い)、面の街(わりと大きめ)などがあると思います。東京はそれらとは全く違って、立体的で複雑。もしかしたら3次元どころか4次元だったりするかもしれない。どこかのビルのどこかの部屋だとか、どこかのビルとビルの境目とかが異空間に繋がっていて、ふっと誰かが消えてしまってもわからないんじゃないかとか、歩きながらなんとなくそんなことを思ったりしました。
 名古屋だとほとんどが面で一部(名駅から栄辺りまで)が立体的かなと思うところもあるけど、そこでもせいぜい2〜3階建て程度の印象なのだな。あの東京の街の複雑さ、深さ(というか、厚み?)は一体何なんでしょう。面積でいってもそんなに広いわけではないと思うのだけど。