日米同盟が争点? いまどき与野党ともむきにならないでほしい
http://www.47news.jp/47topics/e/95644.php

【47コラム】 経済危機、そして政治危機の真っ只中だというのに、麻生政権と自民党は、在日米軍の存在をどうみるかを政治の焦点のひとつに持ち出そうとしてる。追い込まれっぱなしの自民党の幹部が小沢一郎民主党代表の“反米”発言に飛びついている。いまどき与野党ともこのテーマでむきにならないでほしい。
 小沢氏は24日「極東におけるプレゼンス(存在)は第7艦隊で十分」と発言した。「米国の言う通り唯々諾々と従っていくということでなく…」とオバマ大統領と会談した麻生首相の姿勢を批判した。これに対し政府、与党から「日米同盟にひびが入る。次期総選挙の争点だ」(自民党の山崎拓前副総裁)と追及する声があがっているのだそうだ。沖縄の米総領事までが小沢発言に噛み付いた。
 未曾有の経済危機への対応が最優先として衆院解散を拒んでいる麻生首相は、目先を変えて、安保論議をことさら政争の具にしたいのかもしれない。北朝鮮の脅威を持ち出して、争点ぼかしを試みるのはやめてもらいたい。米外交官も余計な口をはさまないでもらいたい。民主党は党内事情もあるのだろうけど、この大事なときにあまりむきにならないでほしい。
 米国にいたとき隣に住む人にこう驚かれたことがある。「えっ、いまでも東京に米軍基地があるんだっけ。知らなかった」「だって首都だろう。そこに外国軍隊が常駐する。日本人もさぞかし屈辱的な気持ちだろう。わが国もひどく無神経なことをしているんだなぁ」 (憲)

 論点をずらして火消しに必死なご様子。何故にこんなに必死?やはり相当マズイ発言だったのでしょうか。
ちなみに小沢氏の発言は、こちら→(http://www.dpj.or.jp/news/?num=15316

「どうしても東南アジアには不安定な要因が大きいので米国のプレゼンスは必要。それは概ね第7艦隊の存在で十分ではないか。米軍がひくことによって日本の安全保障、防衛に関連することには日本がその責任を果たしていけばいい」

 米軍がひくってことは、手薄になって「日本は北にやられちまえ」ってことでしょうか。それとも、日本が責任を果たすということで、自衛隊をその分増強して日本軍にするとか、そういうことでしょうか。そうなると民主党内で色々と揉めたりしないんでしょうか。日教組の方々とか、ねえ。