今日は暖かい日でした。写真は先月の木のその後です。昨日の雨で葉が完全に落ちてしまいましたが、上の方には白っぽい実がたくさん生ってます。今は隣の木が紅葉しています。
 ところで先日子ども達がテレビを見ていたので一緒に何気なく聞いたり眺めていたのですが、なんかおかしなことを言っている人がいました。確か「世界一受けたい授業」だったかな、お風呂とか温泉の話だったと思います。「一番風呂は危ない」とか言っていました。うん、まあ確かに危ないことはあるね、お年寄りとか、冬なんかで寒いと特に。で、何故危ないかというと、その人曰く、お風呂のお湯は薄くて人間の身体は濃いので、浸透圧の関係で、一番風呂だと薄いお湯の中に濃い身体からイオン(?)だかなんだかが溶け出してしまうから、だとかなんとか……。はあ?と思ってテレビを見たら図解で説明していた。
 薄いとこに入ったら溶けて、じゃあ逆に塩振ったら縮むとか?いや〜、面白いですねえ。ってそんなバカな。ナメクジじゃあるまいし。
 気になったので調べてみたら、この人は北大教授で医師なのだそうです。いやはや。