さてマームの件の続きですが、夕刊三重の他に伊勢新聞というところからも続報が出たり、マームからはもう一度お知らせが出たりしました。
 その続報があまりにも斜め上に行っちゃってるので一瞬思考が止まりかけるのだけれども、夕刊三重の続報じゃなくて大手新聞社じゃなくて伊勢新聞から、というのが微妙に胡散臭いというか、マーム側に都合のいい情報だけ流させてる感が仄かに漂ってくるところは見逃せません。マームのお知らせというのも、文章はちょっと付け足されているけど、発見された以前の水質がどうだったかは相変わらず不明のまま。
 そうこうするうちに三菱商事との提携話が出てきたりして、更にわけわからん。これがあるからイオン側は絶対に隠したかったのかな〜、とか。三菱商事側からは12月6日に「報道内容のような事実はない」と出たままで、これはまあ普段からそういう事実(提携とか)があっても発表まで隠すのは普通みたいだからいいんだけど。でもここんとこのメディアの飛ばしっぷり(民主擁護イオン擁護)から考えると、メディアがニュース攻めにして寄ってたかって取り囲んで商事側が逃げ出さないように押さえこんでるんじゃないかとか。まあただの妄想ですけど。
 とにかくそんなわけで、事は簡単に動きそうもないですね。自分が直接被害を受けたわけではないので、できることにも限りがある。せいぜい、こんな危険なことが起きて、でも危険性について全く公表されなくて、しかもそれが無かった事にされようとしているんですよ、ということをここに書きこむくらいしかできません。
 それからまとめサイトがあるみたいです。→こちら
左にあるリンクの最初がきっこのブログってところが微妙ですが、よくまとまっているので。