毎日毎日まあいろんなことが起こるなあとは思いますが、今度は麻生首相の「医者は社会的常識が欠落」発言。(→http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081120ddm001010041000c.html
NHKオンラインで見たのですが、最初はゲゲッと思いました。何ということを!と思ったあとで、ちょっと待てよと。
 確かに映像では麻生さんが話をしているのですが、声はアナウンサーの朗読で、おなじ言葉を縦書きの文字で映像にかぶせてある。なんか臭い。印象操作の臭いがプンプン。本当にこの通りのことを言ったのだろうか、適当に言葉を切り貼りして作文しちゃってない?
 思い出すのは柳沢元厚労相の「女性は産む機械」発言。あの騒ぎとその後の一連の流れで学習したのだった。叩く為の報道。確かに発言はそこだけ取り出すとひどい。でも全体の流れの中の一部分というのを無視している。ひどいところをわざわざ切り取って取り出して「ほら、こんな事言ってますよ。ひどいでしょ」と世論を誘導するのはどうか。
 すごく嫌な感じがするのは、報道しているマスコミ自体が「医者は社会的常識が欠落している」「医師が悪い」と認識している点。だからこそ普段から「たらい回し」という表現が出てくるのであって。まったく「おまえが言うな」ですよ。
 首相のあの発言は医師を侮辱する為のものではないと思うし、実は真実を深くついていると思う。私の身近にも医師はいますが、ハッキリ言って社会的常識は欠落しています。そしてそれは本人も自覚しています。「思うけど(医師の中でも)自分はわりと常識がある方」なんて言ったりするし(ヲイ)。そもそも医療と経済・経営は別の価値観で動いているので、経営者である麻生さんがああいう発言をするのは理解できなくはない。でもまあ良い発言ではないです。
 なんて思っていると、鳥越俊太郎さんとテレビ朝日の皆さんが正しい侮辱の仕方を教えてくださっていたり。→http://jp.youtube.com/watch?v=cEpfqG1BfOo
 なんといいますか、とことん、麻生さんを引き摺り下ろして解散総選挙に持って行きたいわけですね。わかります。
 でもですね、その後どうなるのか。
例えば解散総選挙になって、マスコミの皆さんオススメの民主党政権になったといたしましょう。そうすると、民主党は何をするのか。それによって私たちの生活はどうなるのか。何も見えないんですよね。「とにかく解散!」とか「チェンジ!」とかだけじゃなくて、具体策を具体的に目に見える形で出していただけないと、こちらとしては判断もできない。そのために是非党首討論してほしいんだけどな。
 なんだかねえ、民主党がやろうとしている事って、例えて言うとこんなじゃないかなと思うの。風邪をこじらして肺炎を起こしている人に対して「とにかく治す為に手術しましょう。まず心臓を止めます」って言ってる、みたいな感じ。こちらは「ちょっと待ったっ!それ全然違うし!」とハラハラしている状態。