今日のお昼はTBSのピンポンをちょっとだけ見ました。この番組では見る度に麻生さん叩きが酷いのだけど、今日もビミョーな内容。住宅ローンで困っている主婦とか言う人(ボカシ入り)が出てきて、最初の10年間は低金利(2%)で毎月8万か9万くらい払っていたんだけど、10年経ったら金利が上がって4%になって、支払い金額が2万弱上がってしまった、オマケに夫が転職して妻が退職したことで収入が減ったので大変苦しい、みたいなことを話していました。で、経済ジャーナリストとかいうあの人が出てきて、アメリカのサブプライムローンもそうだけど日本でもこうやってローンに苦しんで払えなくなってる人がいてこれからもどんどん増えるんではないか、こんなひどい仕組みのローンを作ったのは政府だから政府が悪い。それから、定額給付金なんか苦しんでいる人には全然足りないよねーダメだよねー、という流れに。
 これはアレですか、ツッコミ待ち?
 この番組、チベット問題の頃は、頑張ってるなーと思ってたんですけどねえ。昨日の給付金の話題の時は、そのジャーナリストさんなどが「経済効果はありません!」と言い切っちゃって、出演者全員でバカにして笑っていてね。司会者の方の表情なんて見ていて悲しくなるくらいでした。今回の経済対策が失敗して日本の景気がどん底に突き落とされるのが、そんなに嬉しいのかなあと。そりゃあ番組を作るには、不況になれば不安を煽って責任追及するだけだから楽でしょうけど。でも、あんまりにもあんまりな内容ばかりだと、番組とかテレビ局とかの存在が危うくなったりということも無いとは言えないのでは。