お茶の花

 昨日PCでニュースを見ていたら、長男が
「『たもがみとしお』っていう人知ってる?」
と聞く。ちょうど開いていたページにあったので
「うん、ここに載っている『元空幕僚長』っていうひとでしょ?なんで?」
と聞くと
「先生が『平和のとりでをぶっ壊す人だ』って」
だそうな。そういえば6年生は今ちょうど国語で「平和のとりでを築く」の章を勉強しているのだった。ぶっ壊す人。えーっと、そうなのかなあ。私としてはそういう結論にはならないような気がしているんだけれども、でも確かにまあそういう面もないこともないかもしれないけど、うーん。なんかちょっと違う気もする。なので
「自衛隊の人たちは日本の平和を守るために毎日昼も夜も頑張ってくれていて、そこの偉い人だったんだから、先生がどういう意味で言ったのかは知らんけど『ぶっ壊す人』って言い切っちゃうのはちょっと違うかも」
と言っておいたのだけど、どう説明したらよいのかなあ。難しい。
 このごろは日の出もすっかり遅くなり(今朝の浜松は6:14)、朝走るのは諦めて、その分昼間に歩くようにしている。今日はちょっと頑張って遠出してみた。お茶畑とか山道(軽自動車がやっと1台通れるくらいの農道)を通って、12km弱を2時間15分くらいで歩いた。写真はお茶の花。お茶畑ではミツバチが元気に飛び交っていた。小さい茶色のカマキリも何匹か見かけた。