ニンテンドーDSiが出ましたね。ネットニュースにて長い行列を見ました。DSiはカメラ付きというのが面白そうだなとは思ったのですが、一番嬉しかったのは電源のランプの仕様が変わっていることです。
 実は以前、任天堂さんにメールを送ったことがあるのです。
 例えば所謂色弱というか、ちょっと色の区別が付きにくい人がいたと思ってください。その人は赤っぽい色が苦手で赤と緑の区別がイマイチつきにくい。今時らしい事柄でいうと紅葉が何かわからなかったりする。DSの電源ランプは緑色で充電が必要になると赤に変わるのですが(というかだいたいの電気製品がそんな感じかも)、その人はその静かな変化にイマイチ気付きにくいのです。ゲームが興に乗っていたりするとうっかりしてしまって、途中であやうく電池切れということもたびたび。そんなわけで「これこれこういうタイプの人が、少ないとはいえ一定の割合で存在いたしますので、今後新しいハードを出す時にはぜひとも電源ランプの仕様についてお考えいただけないでしょうか?」とメールしたのでした。
 その電源ランプが、DSiで変わっている!
 実物を手にしたわけではないので、実際のところどうなのかはまだよくわからないんだけど、HPを見てみると「無線/充電/電源ランプ」となっていて、それぞれにイラスト表示もありわかりやすくなっています。電源ランプはブルー。
 さりげなく何気ない変化だけど、この変化は私の中でとても大きなことでした。すごく嬉しかった。任天堂さん、どうもありがとうございました。