こんな本も購入してしまいました。一気に読みました。

とてつもない日本 (新潮新書)

とてつもない日本 (新潮新書)

図書館で日本の現代史関連の本も借りてみました。それら含めて、こう、いろんなことを考えさせられる日々です。今まで(というか数年前まで、かな)あまりにも考えて来なさ過ぎたのだなあと思います。教育とか、流れてくる世の中の空気とか、そういうものによって、国のことを考えること自体が怖いことだと思わされてきた、思考停止するように育てられてきたってことなんだろうなあ。ここ→(10月17日 中川財務大臣兼金融担当大臣閣議後記者会見の概要)で国旗に異様にこだわる"問)の人"がいるけど、この人を笑えない自分がいるのですよね。この人がおかしくて中川さんの方が正しい姿勢であるというのは理解できるんだけど。刷り込まれてしまっているのかな。
 以前、子どもがまだ小学校1〜2年生の頃、君が代を外で歌いだしたことがあって。習いたてだったのと、曲が気に入ったらしく本人は実に楽しそうだったのだけど、その時もひどく慌ててしまって「あまり人前では歌わない方がいいよ」なんてこっそり言ってしまったものでした。なんだかなあ、ですよ、昔の自分。でも今でも多分きっと、同じ場面に出くわしたら慌ててしまうんだろうな。そんな感じでなんだかとっちらかってきましたが、そんなようなことをいろいろ思ったりしています。