朝5時に出発。大通りを走っていたら黒服の怪しい集団に遭遇。朝5時に集合とはとても思えないので朝帰り組なんだろうな。ビデオカメラを持っていて、ガハガハと笑いながらなんか撮っていた。直接何かやられたわけではないけど気味が悪い。車が少なかったから反対側の歩道まで行ってしまえばよかったなあと後で思ったけど、走っているとなかなかそういう頭が回らないんだなあ。次にまた妙な集団がいたら早めに避けよう。
 そんなことがあっていろいろ考え事をしながら走っていたせいか、いつもよりスピードがあがっていたみたい。キロ7分半を目指しているのに7分くらいのペースになっていた。8キロちょっと走ったけどすごく疲れた。特に前半が辛かった。家に戻ってからも頭がボーっとして、立ちくらみもするしなんかまずい感じ。ちょっと昼寝した。
 テレビを見ていたら、同年代くらいの一般の人が映っていた。肩とか腕とかの筋肉質な感じがよくわかる服装だったのだけど、確かに細くてスタイルもよさそうで見せたくなる気持ちはわからないでもないけど、いろいろと考えさせられる映像だった。振り返って自分はというと、一時期「こんな感じがいいのでは」と思って着ていたものが少し経ったら「やっぱりなんか変だぞ」に変わってきた。どうやら着々と老化が進んでいるようだ。着る物には前から困っていたけれど、今また更に何を着たらよいのかわからなくなっている。困った困った。