朝、夫と走った。夫は派手派手で妙な柄のTシャツを着ていこうとしていたので、必死に止める。あんなのを着ている人と一緒に歩いていたらこちらまで人格を疑われるかもしれない。去年の今頃買って全然着ていなかったスポーツウエアを探して着てもらう。これで普通のメタボのおっさん(爽やか風味)になった。よかった。往復で5kmくらいを走ったり歩いたりしながら1時間。
 午前中は恩田陸さんの「六番目の小夜子」を読む。風が冷たいせいか読んでいて余計に寒くなる。ただサヨコシステムが難しくて私にはよくわからない。怖いからと言って斜め読みじゃだめか。沙世子さんの気持ちについてもイマイチわからなかった。というか、沙世子さんのご両親。あの状況なら単身赴任以外ないと思うのだけどなあ。あとたった1年なのに。
 午後はまた夫と出掛ける。なにやらいろいろと事情があって私の運転で静岡市まで。なんかもうコノヒト大丈夫かしらん。