用事が済んだらあとは読書。加納朋子さんの「コッペリア」を読む。読んでいたら頭の中がこんがらがってきて、種明かしの頃には読むのが面倒になってちょっと微妙な気持ちに。読んでなるほどスッキリ!じゃなくて、不完全燃焼っぽくなってしまった。ストーリーとうまく共犯関係を結べなかったって感じかな。