読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の、ツイッターと私

 ツイッターを使い始めた初期の頃(2009年7月~)と比べて、今はツイッターの中がごく一般的な世間の姿になった気がします。

 昔は内輪な雰囲気だったというか、私がフォローしている中心はネットで知り合った人たちで、顔は実際には見た事がないけどある程度は読んで知っている方たち。さらに彼らと繋がる周辺の人達。更にその周りの人達。範囲が広がっても、確かにいろんな人はいたけれど、でもある一定以上の何か(ネットリテラシーなどなど)は保たれていて例えるなら学校みたいな感じだったかも。

 今は人の多い駅にいるみたいな感じ。そこを経由して別の場所に行ったり、近場のお店やイベントを見に行ったり、立ち止まって人通りを眺めたり。たまに喧嘩してる人やアジっている人がいたりするのでそれも遠目に眺めたり。タイムラインが時系列だけじゃなくなったことや、継続してつぶやいている人もいるけど止めてしまった人も多くてニュースサイトやインフルエンサー的な人をフォローすることが増えたせいもあるかもしれない。

 以前はタイムラインを読むのが中心だったけど、今はタイムラインは近くのものだけざっくり見て、あとはトレンドを見たり気になる言葉を検索するために使う事が多いです。そういう使い方のせいもあるかもしれないな。良くも悪くも一般的な世間の姿になったと感じるのは。ただ時々「悪くも」の方に傾きかけてるような気もしていて、バランスが崩れたらどうなるのか、もしかして逃げる人が増えて見るべきものが無くなってしまうかもしれない。そうならないといいけど。

 そして、つぶやく方では書き込みゼロ。

 しばらく前まではブクマした記事を並べたりもしていたけど、最近はそれもしなくなりました。昔のように内輪な中ならツイートすることもあったけど、今は話しにくいな。駅だから。ここで細々と書いているくらいがちょうどいい感じです。

保証人?

 今日はクリーニングを出しに行ったり図書館の本を返却に行った時は少し暑くてコートを脱ぐくらいだったのに、その後ネイルに行って施術してもらってバスで帰る頃には薄手のコートだけだと本当に寒くて、冷たい風に凍えました。

 その後も印鑑証明書を出してもらったり買い物に行ったりと一日結構歩いて、8793歩でした。

 子供の就職先に保証人二人分の印鑑証明書を提出しないといけないらしくて、夫と私の二人で良いそうなのだけど、私で良いんだろうか?と思いつつ、自分達のきょうだい達にお願いするのは面倒だし、私達だけで話が済むなら助かる。けど自分が就職した時に保証人が必要だった記憶が無いけど、どうだったっけ?

ジェットコースターよりも

 今日は子供に一日付き合って、ドライブと買い物に行きました。市内の大型ショッピングモールに行って、ランチと洋服の買い物に付いて回ったのですが、当然出資者として期待されているので、後ろに付いてうろうろと歩数を稼ぎつつ粛々と支払い。往復の運転はもちろん子供で、始終ハラハラドキドキ。今日だけでずいぶん寿命が縮まったような。

 行く途中、公立高校の前を通りがかったのですが、親子連れが何組か歩いていたり校門の前で何かを配っている人がいたりして、ああ、今日は合格発表だったのだなと思いました。もう何年前になるのか、懐かしい。